FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

オンラインゲームイベント

 2010-08-02

 7月29日から8月1日にかけて「ChinaJoy 2010」(第八届中国国際数碼互動娯楽展覧会)というイベントが上海の新国際博覧中心で開催された。中国最大のゲームショーで今年で8回めの開催だ。こういったコンテンツで日本のインバウンドにつなげられるのかという情報を集めることもあり、弊社も参加したのである。仕事ですよ、仕事。このイベントを紹介した大阪萌え大使のブログをご覧ください。

 イベントはオンラインゲームの紹介という意味合いもあり、各ゲームソフト会社がキャンペーンガールを用意してゲームの紹介をしたり、コスプレの格好をした人立場見にイベントを行ったりと結構な盛り上がりであった。私は日本でこのようなイベントに行ったことがなかったのだが、両方参加した人に聞くとこちらのほうがかなり大々的なイベントだそうだ。その模様はこちら。

      

 今年第2四半期の中国のオンラインゲーム市場の全体規模は73.4億元が見込まれているが、前年同期比1.8%のマイナス、この業界のオンライン広告への投入額も前年同期比29.4%ものマイナスとなった。イベントはあれだけにぎわっていたのに現状ではマイナス指標が出ている。そして、マイナス指標が現れたのは今回が初めてだ。とはいうものの、今後とも増大していく市場であるという見方はほぼ一致しており、また上位企業に集中する度合いが集中していくというのがおおむねの見方だ。ちなみに2009年の市場規模(オンラインゲームによる収入)は256.2億元、2008年比39.4%の増加であった。

(ご参考)
2009年中国オンラインゲーム市場(⇒中国からは繋がらない)

 文化部より公布された《オンラインゲーム管理暫定弁法》が8月1日より施行された。参入を検討している企業はこれをよく理解する必要があるが、オンラインゲームに関しては部門同士の管轄が錯綜している状況にある。文化部以外にも新聞出版総署も独自の通達を公布しているのだ。この関係で、網易が代理運営する《魔獣世界》というゲームは既に新聞出版総署の審査を通過したにもかかわらず、文化部の審査も別途必要としており、現在ではこれがまだの状態だ。この手のルール関係は全体的に簡略化されている傾向にあるのだが、オンラインゲームに関しては複雑なままだ。企業としては現状を受け入れざるを得ず、両部門の審査批准を取得していかざるを得ない。また、オンラインゲームはインターネット情報サービスに該当し、これに該当する場合、単純な100%純外資での参入は不可能で、別途スキームを考えて参入する必要がある。日本のアニメも中国にかなり浸透しているが、無料で動画サイトで見ることができたり、キャラクター品もコピー品が蔓延していることから、日本と同じような形で、すなわちテレビで放送すること、キャラクターグッズを販売することでは、中国で収益を上げていくのは難しい。しかしながら、オンラインゲームならこれを打開できる可能性がある。

 また、今回大阪萌え大使がやってきたのは、日本のサブカルチャーを中国に広めることで、日本の町おこしにつなげようというのが狙いだ。これは日本のポップカルチャーが集まっている大阪日本橋(にっぽんばし)というエリアの日本橋まちづくり振興という組織が仕掛けたものだ(ちなみに秋にJapan Pop Culture festival 2010 が開催される)。日本の色んな地方自治体が観光客誘致を目的とした活動を行っているが、大阪萌え大使のような方法はおそらく今までなかったのではないと思う。中国における日本アニメの認知度は非常に高いので、このような地道な活動を通じて日本文化をさらに広めていくのも新たな試みだ。

コメント
コスプレに関しては中国は日本とは異なる独自の方向に生きつつあるという感想を持った人がいました。仰るようにビジネスとしての基盤を速く固めておかないと、日本の影響を受けない独自の形に行ってしまうかもしれません。中国の唐山大地震と言う映画を見ました。お世辞抜きになかなか見れる映画でした。映画は香港や台湾のスキルを活用してそれなりのレベルのものを作ることができるようになって来ましたが、アニメに関してはまだ時間がかかると思います。どうしても作品の内容に対して神経質になっているような気がします。だから今のところはちびっ子向けのアニメであれば作れるでしょうし、実際にヒット作も出てきてます。中高生や大学生あたりが満足できるようなものは中国独自では作れないでしょうし、このあたりはアニメ先進国である日本や、その他のエンタメ先進国からまだまだ学んでいく必要がありますね。
【2010/08/15 22:52】 | ご #79D/WHSg | [edit]
今の日本で国際競争力があるものの筆頭といえば、ポップ・カルチャーですが、日本国内では麻生元首相以外のエスタブリッシュからは偏見を持たれていた関係もあり、どちらかといえば国内より海外で評価が高いですね。(まあ、日本のオンリーワン技術を持った中小企業も国内より海外で有名な所が多いので似たようなもんですかね)今でこそ、経済産業省や外務省がポップカルチャー発信にもお金をつけていますが、このへんのビジネスとしての地位をきっちり固めておかないと、日本の地位がいつまでも安泰とは限りません。現に、近隣分野のゲーム機やゲームソフトでも最初はレベルの低かったX-BOXが国際的にはシェアを取ってきていますし、ゲームソフトについても然りです。
アニメでも中国が(思想統制の一環かビジネスかは判然としませんが)天津の某開発特区にハリウッドの大手並みの機材を入れて強化を図ってますし。
【2010/08/02 09:37】 | しろくま #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gomeiken.blog35.fc2.com/tb.php/530-fa089cf3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)

Author:呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)
1992年3月 神戸大学経営学部卒業。
1992年4月 住友銀行(現三井住友銀行)入行。
2002年11月 三井住友銀行上海支店へ駐在。
2003年1月 キャストコンサルティング(上海)有限公司へ派遣。
2005年1月 日綜(上海)投資コンサルティング有限公司設立に伴い同社副総経理に就任。

住友銀行入行後、ほぼ一貫して法人業務畑を歩む。上海支店赴任後は中国ビジネスコンサルティングに特化し現在に至る。

日中経済貿易センターJCCNETコメンテーター

経歴と全く関係ないが週に一度のキックボクシングの練習は欠かせない。

主な執筆
「呉明憲コンサルタントのナレッジストリーム「(『bros』)
日綜(上海)投資コンサルティングニュースレター(JRIS NEWS、一問一答)
週刊エコノミスト2008年4月8日号(高齢化社会の到来で注目のシルバー産業)
週刊エコノミスト2008年8月5日号(ニート、パラサイト化する中国「80後」世代の生態)
週刊エコノミスト2008年11月4日特大号(ネット通販の商品を職場で受け取る中国人)

FC2カウンター

中国情報局ニュース

天気予報(中国)

天気予報(日本)

-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。