FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

各国指導者の最新給与

 2010-07-19

 南方週末という新聞に各国指導者の最新年間給与及び当該国の一人当たり平均GDPに対する倍数というものが紹介されていた。なお年間給与は2010年または最新のデータであり、購買力平価に基づいて引きなおしている。下にある写真がこれだ。 



 

 
 さてさて、日本の管直人首相は27.37万米ドル、米国のブッシュ大統領は40万米ドル。ふむふむ、こんなものか。まあわからなくもない。ケニアの42.79万米ドルは相対的に大きすぎかな。でも香港が51.32万米ドル、シンガポールにいたっては218.35万米ドルに達している。これだけ差があるということは、一国の指導者の給与だけでは本当の収入はわからないのかもしれない。そして中国を見てみよう。なんと、たったの1.06万米ドルだ!いくらなんでもありえないでしょう!ということで、一人当たりGDPに対する比率も5倍以下ということになっている。

 ちなみに、一人当たり
GDPに対する比率は次の通りである。  


10倍以上
ケニア、シンガポール、インドネシア、南アフリカ、香港


5倍~
10
ニュージーランド、フランス、アメリカ、日本、ドイツ、カナダ、アイルランド、ロシア、オーストラリア、イギリス、台湾


5
倍以下
アルゼンチン、韓国、イスラエル、ポーランド、中国、インド

 いわゆる先進国と呼ばれる国の多くが5倍~10倍に集中しているが、中国は指導者の給与時代がわずか1.06万米ドルということで、一人当たりGDPに対する比率も5倍以下にしかならない。ちょっと信じがたいと思いませんか?これだけ見ると確かに社会主義を体現しているみたいだ。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gomeiken.blog35.fc2.com/tb.php/524-e85d65b2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)

Author:呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)
1992年3月 神戸大学経営学部卒業。
1992年4月 住友銀行(現三井住友銀行)入行。
2002年11月 三井住友銀行上海支店へ駐在。
2003年1月 キャストコンサルティング(上海)有限公司へ派遣。
2005年1月 日綜(上海)投資コンサルティング有限公司設立に伴い同社副総経理に就任。

住友銀行入行後、ほぼ一貫して法人業務畑を歩む。上海支店赴任後は中国ビジネスコンサルティングに特化し現在に至る。

日中経済貿易センターJCCNETコメンテーター

経歴と全く関係ないが週に一度のキックボクシングの練習は欠かせない。

主な執筆
「呉明憲コンサルタントのナレッジストリーム「(『bros』)
日綜(上海)投資コンサルティングニュースレター(JRIS NEWS、一問一答)
週刊エコノミスト2008年4月8日号(高齢化社会の到来で注目のシルバー産業)
週刊エコノミスト2008年8月5日号(ニート、パラサイト化する中国「80後」世代の生態)
週刊エコノミスト2008年11月4日特大号(ネット通販の商品を職場で受け取る中国人)

FC2カウンター

中国情報局ニュース

天気予報(中国)

天気予報(日本)

-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。