FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

国内企業による海外での外貨留保

 2010-06-13
国内企業が輸出により回収する外貨の海外での留保が検討されている。対象となる外貨はもちろん真実、合法取引で得られるべきものだ。

国内企業が国外で口座を開設し、貨物貿易輸出代金を留保し、これらの国外で留保する資金を使用して貨物貿易対外支払いまたは批准を経た資本項目対外支払いに使用することができるようになる。国外留保資金は国内に戻す必要がなく、これにより企業の外貨送金費用及び両替コストを節減できるようになる。また、資金調整や運営計画を弾力的に行うことができるようになるとも言われている。もちろん、国外留保外貨対して報告制度が実行され、非現場モニタリング管理も実施されるが、以前では考えられなかったことである。

今後は広範に意見を募集し、それを踏まえて一部の地域で試行を開始することになるようだ。そう遠くないうちに銀行あたりからこれを利用した面白い提案が聞けるようになるでしょう。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gomeiken.blog35.fc2.com/tb.php/505-87d2203b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)

Author:呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)
1992年3月 神戸大学経営学部卒業。
1992年4月 住友銀行(現三井住友銀行)入行。
2002年11月 三井住友銀行上海支店へ駐在。
2003年1月 キャストコンサルティング(上海)有限公司へ派遣。
2005年1月 日綜(上海)投資コンサルティング有限公司設立に伴い同社副総経理に就任。

住友銀行入行後、ほぼ一貫して法人業務畑を歩む。上海支店赴任後は中国ビジネスコンサルティングに特化し現在に至る。

日中経済貿易センターJCCNETコメンテーター

経歴と全く関係ないが週に一度のキックボクシングの練習は欠かせない。

主な執筆
「呉明憲コンサルタントのナレッジストリーム「(『bros』)
日綜(上海)投資コンサルティングニュースレター(JRIS NEWS、一問一答)
週刊エコノミスト2008年4月8日号(高齢化社会の到来で注目のシルバー産業)
週刊エコノミスト2008年8月5日号(ニート、パラサイト化する中国「80後」世代の生態)
週刊エコノミスト2008年11月4日特大号(ネット通販の商品を職場で受け取る中国人)

FC2カウンター

中国情報局ニュース

天気予報(中国)

天気予報(日本)

-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。