FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

売り上げとコスト

 2010-06-08
 会社を運営し続けるためには利益を計上し続けなければならない。そして、利益を計上するためには売り上げを計上しなければならない。売り上げを計上するためにはコストが必要になる。私と親しくしている同業の叶さん(「カノウ」さんじゃなくて中国人の「ヨウ」さんです)という方が非常に印象深いことを言っていた。「コストというのは売り上げを上げるために必要なものです。削減できるコストというのはそもそもが無駄なコストなのです。逆に無駄でないコストを削減すると売り上げが下がることにつながります」。当たり前のことだが、新鮮に感じた。とかくコストというとネガティブな反応を示す人が多い。しかし、叶さんのこの発言は非常に前向きだ。いや、前向きと感じる時点で私も間違っているのかもしれない。当たり前のことだからだ。

 コスト削減の中で無駄なコストを削減して、それにより他に必要なコストに回そうという考えもあるだろう。しかしコストという単語にネガティブな人だと、この考えすらも否定的にとらえられてしまう。せっかくコスト削減して資金を捻出しても新たな名目で発生するコストは別物として考える。マイナスの螺旋に陥っているかのようだ。しかしながら、日系企業にはこのような考え方の人が少なくないように思う。

 社内で発生しているコスト、果たしてどれが削減すべきコストで、どれが削減すべきではない、むしろ増やすべきコストなのか、一度洗い出してみてはいかがでしょうか?
コメント
修正を入れましたが、叶さんとは「ヨウ」さんで、中国人です。コストが売り上げのために必要というのはわかりますよ。身近なもので言えば営業するために交通費も必要でしょうし、会社を立ち上げる段階では家賃等の支出のほうが先に発生しますからね。
【2010/06/12 22:52】 | ご #79D/WHSg | [edit]
コストが売り上げ上げるために必要というのは、如何にも良心的うでまじめな日本的発想ですね。中国人やアングロサクソンであればコストは他人負担で利益だけ頂くビジネスモデルを真っ先に考えると思いますが・・・
【2010/06/11 15:31】 | しろくま #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gomeiken.blog35.fc2.com/tb.php/499-a42755f8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)

Author:呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)
1992年3月 神戸大学経営学部卒業。
1992年4月 住友銀行(現三井住友銀行)入行。
2002年11月 三井住友銀行上海支店へ駐在。
2003年1月 キャストコンサルティング(上海)有限公司へ派遣。
2005年1月 日綜(上海)投資コンサルティング有限公司設立に伴い同社副総経理に就任。

住友銀行入行後、ほぼ一貫して法人業務畑を歩む。上海支店赴任後は中国ビジネスコンサルティングに特化し現在に至る。

日中経済貿易センターJCCNETコメンテーター

経歴と全く関係ないが週に一度のキックボクシングの練習は欠かせない。

主な執筆
「呉明憲コンサルタントのナレッジストリーム「(『bros』)
日綜(上海)投資コンサルティングニュースレター(JRIS NEWS、一問一答)
週刊エコノミスト2008年4月8日号(高齢化社会の到来で注目のシルバー産業)
週刊エコノミスト2008年8月5日号(ニート、パラサイト化する中国「80後」世代の生態)
週刊エコノミスト2008年11月4日特大号(ネット通販の商品を職場で受け取る中国人)

FC2カウンター

中国情報局ニュース

天気予報(中国)

天気予報(日本)

-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。