FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

《外資旅行社が中国団体出国旅行を経営することの管理弁法》が今年中に公布の見込み

 2010-05-31
 国家旅游局の邵?偉局長が5月26日に開催された第十会世界旅游旅行大会において、外商投資旅行社による中国人のアウトバウンド業務を徐々に開放していくとコメントした。今年中には《外資旅行社が中国団体出国旅行を経営することの管理弁法》の公布を目指すそうだ。

 既に世界各国の旅行会社が中国国内で外商投資旅行社を設立しており、その数は44社に登る。ただし、これらの外資系旅行社は国内旅行とインバウンドのみが認められている。外商投資旅行社からすると、アウトバウンドこそが伸びていく分野であり、利益水準も高いと言われている。アウトバウンドが制限されている中で、外商投資旅行社の経営状況は決して良いとはいえないようで、しかしながら、アウトバウンドに携わる機会を待ち続けているのである。はたから見れば開放されてから進出すればよいと思うだろうが、規定により旅行社がアウトバウンドを行うためには2年間経営しておく必要があり、これは内外資とも同じルールである。広東省において香港・マカオ資本により投資設立された旅行社が広東省で広東省居住者に対する香港・マカオ行き限定のアウトバウンド業務が試行されているが、これが今後公布されることになるであろう《外資旅行社が中国団体出国旅行経営することの管理弁法》のベースになるのだろう。

 外商投資旅行社にアウトバウンドが開放されることにより、中国人にとっても面白いツアーが多く企画されていくことになるであろう。本日の日経新聞の記事の中でもあったが、2009年の中国人の訪日客は100万人、そして今年1~4月は前年同期比28%増の48.8万人と大幅に増加している。また、中国人向けの個人観光ビザの発行条件を緩和する方針も出されている。外商投資旅行社にとっては管理弁法が公布されるまでの間に開放を見据えて、今まで認められなかったようなプランを考え、いかにそれを実行に移していくのかを考える期間といえる。今までもアウトバウンドに関する相談は色々とあったが、これをきっかけにますます増えていくだろう。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gomeiken.blog35.fc2.com/tb.php/492-9988edb6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)

Author:呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)
1992年3月 神戸大学経営学部卒業。
1992年4月 住友銀行(現三井住友銀行)入行。
2002年11月 三井住友銀行上海支店へ駐在。
2003年1月 キャストコンサルティング(上海)有限公司へ派遣。
2005年1月 日綜(上海)投資コンサルティング有限公司設立に伴い同社副総経理に就任。

住友銀行入行後、ほぼ一貫して法人業務畑を歩む。上海支店赴任後は中国ビジネスコンサルティングに特化し現在に至る。

日中経済貿易センターJCCNETコメンテーター

経歴と全く関係ないが週に一度のキックボクシングの練習は欠かせない。

主な執筆
「呉明憲コンサルタントのナレッジストリーム「(『bros』)
日綜(上海)投資コンサルティングニュースレター(JRIS NEWS、一問一答)
週刊エコノミスト2008年4月8日号(高齢化社会の到来で注目のシルバー産業)
週刊エコノミスト2008年8月5日号(ニート、パラサイト化する中国「80後」世代の生態)
週刊エコノミスト2008年11月4日特大号(ネット通販の商品を職場で受け取る中国人)

FC2カウンター

中国情報局ニュース

天気予報(中国)

天気予報(日本)

-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。