FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

中国各地の最低賃金

 2010-05-06
 中国各地で最低賃金が上昇している。新聞で各地の最低賃金及び園上昇率が取りまとめられていた。なお、省内の市により金額が異なることがあり、そのためひとつの省の中でいくつかの最低賃金が示されている。


(出典:第一財経日報)

 上昇率は上海が16.7%、天津が12.2%といったところだが、20%を超えているところも少なくなく、湖北省にいたって亜28.9%も上昇している。従来はワーカーの低賃金に頼ってモノづくりにをしてきたといえ、また中国としてもそれを活用してもらうことはウェルカムであった。いうならば、低賃金労働者が多いがゆえに恩恵を受けられた企業は少なくないわけだが、このように最低賃金がどんどん上昇していくというのは、単なる低賃金のワーカーだけが魅力ではない産業を作り上げていくきっかけになるといえ、中国としてもそれを目指しているのだろう。よく産業のモデルチェンジと言われているのがそれだ。それでも低賃金ワーカーを欲するのであればこの票を参考にしながら内陸を目指すしかないだろう。
コメント
確かに奥地へいけば最低賃金は下がりますが(表では寧夏回族自治区が安いですね)、それだけインフラ、教育水準も低いわけですし、日本企業が出て行く場合、サポーティング・インダストリーも未発達で原材料・部品等、輸入又は沿海部からの移入に頼る必要があるため、物流コストやリスクが高くつきますね。
それだったらベトナム等のほうが安上がりになるのではないかと・・・
従って、今後は流通・サービス業や長安のような沿海部から遠くても比較的通信状況が良く、高度な教育機関のあるところにシステム開発等の業種が出るようなケースが主で製造業の製造拠点としての進出は少なくなる一方かと思います。(上海等、大都市の需要を満たすために消費地に隣接して製造拠点が必要な場合は別)
【2010/05/18 19:29】 | 亜爾然丁式背骨折 #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gomeiken.blog35.fc2.com/tb.php/476-a5c8d8ff
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)

Author:呉 明憲 (meiken@jris.com.cn)
1992年3月 神戸大学経営学部卒業。
1992年4月 住友銀行(現三井住友銀行)入行。
2002年11月 三井住友銀行上海支店へ駐在。
2003年1月 キャストコンサルティング(上海)有限公司へ派遣。
2005年1月 日綜(上海)投資コンサルティング有限公司設立に伴い同社副総経理に就任。

住友銀行入行後、ほぼ一貫して法人業務畑を歩む。上海支店赴任後は中国ビジネスコンサルティングに特化し現在に至る。

日中経済貿易センターJCCNETコメンテーター

経歴と全く関係ないが週に一度のキックボクシングの練習は欠かせない。

主な執筆
「呉明憲コンサルタントのナレッジストリーム「(『bros』)
日綜(上海)投資コンサルティングニュースレター(JRIS NEWS、一問一答)
週刊エコノミスト2008年4月8日号(高齢化社会の到来で注目のシルバー産業)
週刊エコノミスト2008年8月5日号(ニート、パラサイト化する中国「80後」世代の生態)
週刊エコノミスト2008年11月4日特大号(ネット通販の商品を職場で受け取る中国人)

FC2カウンター

中国情報局ニュース

天気予報(中国)

天気予報(日本)

-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。